Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Safari」のWindows版に脆弱性 - 不正ページ閲覧でコード実行のおそれ

米Appleが提供するブラウザ「Safari」のWindows版に脆弱性が含まれていることがわかった。情報処理推進機構(IPA)などセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「Safari 4.0.5」の「windowオブジェクト」の参照処理に問題があることが確認されたもの。削除されたwindowオブジェクトに対してJavaScriptから不正に参照できるため、細工を施されたウェブページへアクセスした場合に任意のコードが実行されるおそれがある。

脆弱性を悪用するコードが公開されているが、現段階でアップデートはAppleから提供されておらず、セキュリティ期間などは攻撃を防ぐために「JavaScript」を無効にするなど対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性