Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントリーからハイエンドまでWAFのラインナップを強化 - ペンタセキュリティ

ペンタセキュリティシステムズは、ウェブアプリケーションファイアウォール「WAPPLES」シリーズの新製品を提供開始した。

同製品は、日本語のインターフェースも用意されているアプライアンス型のWAF製品。ウェブアプリに対する「SQLインジェクション攻撃」や「クロスサイトスクリプティング攻撃」のほか、クレジットカード情報の不正使用、バッファオーバーフローなといった攻撃から防御する。

顧客ニーズへ対応するため、従来の「WAPPLES-100」「WAPPLES-1000」にくわえ、今回ラインナップへ最大スループット100Mbpsで小規模事業者向けのエントリーモデル「WAPPLES-50」など、あらたに3製品を追加した。

新製品の「WAPPLES-2000」では、「VLAN」のサポートや「TCPセッション」の制御に対応しており、最大4Gbpsのスループットを実現。また最大6Gbpsのスループット処理に対応したハイエンドモデル「WAPPLES-5000」も追加され、エントリーモデルの「WAPPLES-50」以外は、PCI DSS適合証明証を取得している。

価格は、「WAPPLES-50」が210万円、「WAPPLES-2000」が967万5750円、「WAPPLES-5000」が2194万5000円。

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント