Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」関連のウイルスがランキング上位に - 「一太郎」狙いのゼロデイ攻撃も

感染するとほかの不正プログラムをダウンロードさせられる。また海外では、上海万博の事務局を装って、不正なPDFファイルを送付する攻撃も確認されているという。

同社では、連休明けの仕事始めの際には、各アプリケーションの修正プログラムを確認して適用を徹底するよう求めている。同社が4月に報告を受けたウイルスのランキングは以下のとおり。

1位:MAL_OTORUN
2位:WORM_DOWNAD
3位:MAL_GUMBLAR
4位:TROJ_FAKEAV
5位:JS_GUMBLAR
6位:MAL_HIFRM
7位:BKDR_AGENT
8位:WORM_AUTORUN
9位:JS_IFRAME
10位:MAL_XED-10

(Security NEXT - 2010/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート