Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.co」ドメインの申請受付が開始 - レジストラは「フィッシング対策」でアピール

コロンビアの国別トップレベルドメイン「.co」が、同国内の現地法人以外に対して解禁となる。現在、商標登録者を対象とした優先登録の申請受付が行われている。

従来同ドメインの利用は、コロンビア国内の現地法人に限定されていたが、レジストリである「.CO Internet S.A.S.」が2009年に設立、2月に規則を変更し、申請の受付を開始したもの。

すでにコロンビア国内の商標保有者を対象としたローカルサンライズが終了しており、現在は2008年7月30日以前に商標権を取得したアルファベットによる商標権保有者を対象に優先的に申請を受け付ける「グローバルサンライズ」が行われている。ただし日本語の商標権は対象外。

グローバルサンライズの申請期間は6月10日までで、6月21日から7月13日まで先行登録期間が予定されている。いずれも同一ドメインへ複数申請が行われた場合はオークションにより取得者が決定となる。先行登録期間終了後は、一般受付開始後は、取得する権利は申し込み順で決定する。

(Security NEXT - 2010/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も