Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が異なる共済契約者に名簿を誤送付 - 福祉医療機構

独立行政法人の福祉医療機構は、委託先において書類の誤送付が発生し、10人分の個人情報が記載された名簿が別の共済契約者に送られていたことを明らかにした。

共済契約者である社会福祉法人に送付した「掛金納付対象職員届」のうち、職員名簿1枚を誤送付したもの。名簿を受け取った社会福祉法人より不足の指摘があり、4月5日に判明した。同機構が原因を調べたところ、別の共済契約者に送られていたことが判明した。

同機構では、誤送付した名簿を回収し、関係者に説明と謝罪を実施。さらなる流出が発生していないか確認した。また今回の件以外に同様の誤送付が発生していないか調査を進めている。

今後は委託業者に対し、書類を送付するうえでの手順や点検事項を明示して、個人情報保護を指導徹底するとしており、今回の委託先については、入札参加資格の停止を検討している。

(Security NEXT - 2010/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県