Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が異なる共済契約者に名簿を誤送付 - 福祉医療機構

独立行政法人の福祉医療機構は、委託先において書類の誤送付が発生し、10人分の個人情報が記載された名簿が別の共済契約者に送られていたことを明らかにした。

共済契約者である社会福祉法人に送付した「掛金納付対象職員届」のうち、職員名簿1枚を誤送付したもの。名簿を受け取った社会福祉法人より不足の指摘があり、4月5日に判明した。同機構が原因を調べたところ、別の共済契約者に送られていたことが判明した。

同機構では、誤送付した名簿を回収し、関係者に説明と謝罪を実施。さらなる流出が発生していないか確認した。また今回の件以外に同様の誤送付が発生していないか調査を進めている。

今後は委託業者に対し、書類を送付するうえでの手順や点検事項を明示して、個人情報保護を指導徹底するとしており、今回の委託先については、入札参加資格の停止を検討している。

(Security NEXT - 2010/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町