Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎シリーズのフォント処理に脆弱性 - リモートでコード実行の可能性

ジャストシステムが販売する文書作成ソフト「一太郎シリーズ」に、任意のコードを実行される脆弱性が含まれていることが判明した。一部製品については、アップデートの提供を開始している。

同社によれば、フォント処理に脆弱性が含まれているもので、4月7日に判明したという。細工が施された文書を開いた場合、悪意のあるプログラムをダウンロードし、任意のコードが実行される可能性がある。

現在、影響を受けることが判明しているのは、「一太郎2010」をはじめ、「同2009」「同2008」「同2007」「同2006」などで、いずれもガバメント版や体験版も含まれる。

同社では、「同2010」「同2009」および「一太郎ガバメント2009」については、脆弱性を解消するアップデートモジュールを公開。また他製品についても対応の準備を進めているいう。

またメールの添付ファイルやウェブサイト上のファイルなど、出所が明らかではない不審なファイルを誤って開かないよう、ユーザーへ注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2010/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇