Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5ネットワークスとInfobloxが協業、DNSSECソリューションを提供

F5ネットワークスジャパンとInfobloxは協業し、DNSSECソリューションを提供すると発表した。

両社は今回の協業を通じて、InfobloxのDNSSECアプライアンスとDNSSECクエリの署名を処理するF5の「BIG-IP Global Traffic Manager」を提供するもの。

DNSSECを利用するにあたり、Infobloxグリッド内のアプライアンスに対して暗号キーを生成、配信することが可能で、手作業によるキー生成やゾーン署名が不要。またキーポリシーや自動ロールオーバに対応している。また両製品を組み合わせて負荷を分散することにより、DoS攻撃に対する耐性も向上させた。

(Security NEXT - 2010/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
「PowerDNS Recursor」の特定バージョンにDoS脆弱性
2月のDDoS攻撃件数、前月の約1.2倍に - 71Gbps超の攻撃も
「BIND 9」に複数脆弱性 - 影響範囲広く緊急対応を
MS、2月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性2件に対応
2023年12月のDDoS攻撃、前月比3割減 - 規模も縮小
DDoS攻撃が大幅減 - 一方で約147Gbps超の攻撃も
【特別企画】導入進む「DMARC」、一方で不安も - トラブル回避のコツは?