Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

別件で逮捕された犯人の自供で個人情報の盗難が発覚 - 三井物産グループ会社

三井物産のグループ会社で不動産関連サービスを提供する物産コミュニティーにおいて、顧客情報が事務所から盗まれていたことが明らかになった。

盗難被害に遭ったのは賃貸管理物件の入居申込書のコピーで、顧客156人の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。事務所に侵入してコピーを持ち出していたもので、容疑者が2009年10月13日に別件で逮捕され、自供により発覚したという。

犯人は持ち出した個人情報の外部流出や二次使用は行っておらず、押収された書類も、3月19日に同社へ返却された。同社でも不正利用の事実などは把握しておらず、情報が外部に漏洩した可能性はないと結論付けている。

(Security NEXT - 2010/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査