Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害さえも「ブラックボックス化」するサイバー攻撃

いずれも攻撃の大きな特徴は、不正サイトへ誘導し、ソフトウェアの脆弱性に対して攻撃、マルウェアに感染させる手口だ。さらにFTPのアカウント情報を窃取し、管理するサイトを外部から改ざんする。

「Pegel」におけるあらたな特徴として、Javaの実行環境である「JRE」の脆弱性が悪用する点や、JavaScript内に特徴的なコメントの挿入したり、接続に8080ポートを利用していることを同社は挙げている。また感染するマルウェアのなかに偽セキュリティ対策ソフトもある。

被害内容も「ブラックボックス」のなかに

実際の被害者へ取材しているが、攻撃に対する理解不足や誤解も目立つ。あるケースでは、問題のウェブサイトは明らかに不正サイトへ誘導することを目的とした「JavaScript」が挿入されていたが、被害者はコードの持つ意味を理解しておらず、外部サイトへ誘導されたり、ウイルス感染を引き起こす危険性を正しく判断できていなかった。

といっても、そうした被害者が「Gumblar亜種」の問題をまったく知らなかったわけではない。被害の可能性を踏まえ、著名なセキュリティ対策ソフトを利用して感染の有無も調べていたが、発見されなかったことを理由に安全と判断していたという。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス