Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害さえも「ブラックボックス化」するサイバー攻撃

いずれも攻撃の大きな特徴は、不正サイトへ誘導し、ソフトウェアの脆弱性に対して攻撃、マルウェアに感染させる手口だ。さらにFTPのアカウント情報を窃取し、管理するサイトを外部から改ざんする。

「Pegel」におけるあらたな特徴として、Javaの実行環境である「JRE」の脆弱性が悪用する点や、JavaScript内に特徴的なコメントの挿入したり、接続に8080ポートを利用していることを同社は挙げている。また感染するマルウェアのなかに偽セキュリティ対策ソフトもある。

被害内容も「ブラックボックス」のなかに

実際の被害者へ取材しているが、攻撃に対する理解不足や誤解も目立つ。あるケースでは、問題のウェブサイトは明らかに不正サイトへ誘導することを目的とした「JavaScript」が挿入されていたが、被害者はコードの持つ意味を理解しておらず、外部サイトへ誘導されたり、ウイルス感染を引き起こす危険性を正しく判断できていなかった。

といっても、そうした被害者が「Gumblar亜種」の問題をまったく知らなかったわけではない。被害の可能性を踏まえ、著名なセキュリティ対策ソフトを利用して感染の有無も調べていたが、発見されなかったことを理由に安全と判断していたという。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正