Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害さえも「ブラックボックス化」するサイバー攻撃

2009年10月以降、ウェブサイトが外部より不正アクセスを受け、不正なコードが埋め込まれる被害が多発している。2010年に入ってからも傾向は変わっておらず、その被害が収束する様子は見えてこない。

攻撃の流れとしては、「正規サイトの改ざん」され「利用者へウイルスが感染」する。さらに「利用者の管理しているウェブサイトが改ざん」が発生、あらたな感染者を生み出すもので、このサイクルがまわり続けている。

呼び方はセキュリティベンダーによってさまざまだが、2009年10月以降の攻撃全般は「Gumblar亜種」と呼ばれることが多い。

改ざん状況について分析結果を発表したセキュリティベンダーのKaspersky Labs Japanでは、12月21日に登場したウイルスを10月以降に発生しているウイルスとは攻撃の傾向が異なるとして「Pegel」と名付けており、発生以降国内で380件以上の被害を確認したことを先日明らかにしている。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験