Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

676ビット長の暗号を汎用コンピュータ18台で33日で解読 - NICTら実証

情報通信研究機構(NICT)は、はこだて未来大学との共同研究で、現実的なコンピュータ環境や処理時間で、676ビット長の離散対数問題の解読に世界ではじめて成功したと発表した。

今回の研究成果は、676ビット長の「有限体上の離散対数問題」について、汎用コンピュータ18台を利用し、33日間で解読に成功したもの。676ビット長の暗号を現実的な環境や処理時間で解読できることを、世界ではじめて実証したという。

同機構は今回の成果について、現在利用されている1024ビット長の暗号が今すぐ危殆化することを示すものではないとしながらも、1024ビット長の暗号技術が2020年までに危殆化するとの「CRYPTRECプロジェクト」による予測を裏付ける結果だとし、5月に開催される国際会議「PKC2010」で発表する予定。

(Security NEXT - 2010/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
「XKCP SHA-3」に脆弱性 - 「Python」「PHP」などにも影響
業務用PCとスマホを電車内に置き忘れて紛失 - 朝日工業社
約3カ月ぶりに「Emotet」が攻撃再開 - 「信頼できる場所」で警告回避
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
「新生銀行」を装うフィッシング - 乱数表の写真も要求