Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

676ビット長の暗号を汎用コンピュータ18台で33日で解読 - NICTら実証

情報通信研究機構(NICT)は、はこだて未来大学との共同研究で、現実的なコンピュータ環境や処理時間で、676ビット長の離散対数問題の解読に世界ではじめて成功したと発表した。

今回の研究成果は、676ビット長の「有限体上の離散対数問題」について、汎用コンピュータ18台を利用し、33日間で解読に成功したもの。676ビット長の暗号を現実的な環境や処理時間で解読できることを、世界ではじめて実証したという。

同機構は今回の成果について、現在利用されている1024ビット長の暗号が今すぐ危殆化することを示すものではないとしながらも、1024ビット長の暗号技術が2020年までに危殆化するとの「CRYPTRECプロジェクト」による予測を裏付ける結果だとし、5月に開催される国際会議「PKC2010」で発表する予定。

(Security NEXT - 2010/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍