Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

676ビット長の暗号を汎用コンピュータ18台で33日で解読 - NICTら実証

情報通信研究機構(NICT)は、はこだて未来大学との共同研究で、現実的なコンピュータ環境や処理時間で、676ビット長の離散対数問題の解読に世界ではじめて成功したと発表した。

今回の研究成果は、676ビット長の「有限体上の離散対数問題」について、汎用コンピュータ18台を利用し、33日間で解読に成功したもの。676ビット長の暗号を現実的な環境や処理時間で解読できることを、世界ではじめて実証したという。

同機構は今回の成果について、現在利用されている1024ビット長の暗号が今すぐ危殆化することを示すものではないとしながらも、1024ビット長の暗号技術が2020年までに危殆化するとの「CRYPTRECプロジェクト」による予測を裏付ける結果だとし、5月に開催される国際会議「PKC2010」で発表する予定。

(Security NEXT - 2010/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明