Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UNIX向けウイルス対策ソフトで「AIX」向けサポートを強化 - ソフォス

ソフォスは、同社のウイルス対策製品「Sophos Anti-Virus for UNIX version 7」におけるUNIX系OS「AIX」のサポートを強化すると発表した。

保護状況を一元管理する「Sophos Enterprise Console」において従来は「AIX」について別途管理する必要があったが、今回のマイナーバージョンアップにより管理対象へ「AIX」を追加したもの。2月15日より提供を開始する。

同製品により同OSほか、UNIXでは「Solaris」「HP-UX」など3種類への対応。他エンドポイント製品との併用により「Windows」や「Mac」「Linux」などマルチOS環境への対応がより柔軟に行えるようになった。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ