Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルバイト応募者の個人情報がネット上で流出 - トレジャーファクトリー

首都圏を中心にリサイクルショップを展開するトレジャーファクトリーは、サイト上のアルバイト募集ページに登録された個人情報が流出したことを明らかにした。

流出したのは、同社サイト上の「パート・アルバイト募集ページ」から応募した147人分の個人情報で、2月16日に判明した。同社によると、特定の操作により閲覧することが可能となっていたもので、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが含まれる。

同社によれば、今回の流出による二次被害も発生しておらず、同ページ以外について流出はなかったと説明している。同社では、対象となる応募者に対し、個別に連絡して説明と謝罪を行う。また問題となった個人情報をサーバから削除し、同ページを一時的に閉鎖。流出の原因究明を進めるという。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
観光促進キャンペーンの当選メールで送信ミス - 高知県
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設