Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルバイト応募者の個人情報がネット上で流出 - トレジャーファクトリー

首都圏を中心にリサイクルショップを展開するトレジャーファクトリーは、サイト上のアルバイト募集ページに登録された個人情報が流出したことを明らかにした。

流出したのは、同社サイト上の「パート・アルバイト募集ページ」から応募した147人分の個人情報で、2月16日に判明した。同社によると、特定の操作により閲覧することが可能となっていたもので、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが含まれる。

同社によれば、今回の流出による二次被害も発生しておらず、同ページ以外について流出はなかったと説明している。同社では、対象となる応募者に対し、個別に連絡して説明と謝罪を行う。また問題となった個人情報をサーバから削除し、同ページを一時的に閉鎖。流出の原因究明を進めるという。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か