Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルバイト応募者の個人情報がネット上で流出 - トレジャーファクトリー

首都圏を中心にリサイクルショップを展開するトレジャーファクトリーは、サイト上のアルバイト募集ページに登録された個人情報が流出したことを明らかにした。

流出したのは、同社サイト上の「パート・アルバイト募集ページ」から応募した147人分の個人情報で、2月16日に判明した。同社によると、特定の操作により閲覧することが可能となっていたもので、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが含まれる。

同社によれば、今回の流出による二次被害も発生しておらず、同ページ以外について流出はなかったと説明している。同社では、対象となる応募者に対し、個別に連絡して説明と謝罪を行う。また問題となった個人情報をサーバから削除し、同ページを一時的に閉鎖。流出の原因究明を進めるという。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
約596万人分の個人情報持出、NTTドコモらに行政指導 - 個情委
旧会員名簿がネット検索可能に、設定不備で - プラズマ・核融合学会
求人応募者情報が流出、SEO設定ミスで - イズミのブランドショップ
個人情報含むファイル1369件で権限不備、外部アクセス可能に - エイチーム
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
フォトコン審査資料が閲覧可能に、応募者情報も - 和歌山県社会福祉協議会
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 佐賀県