Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルバイト応募者の個人情報がネット上で流出 - トレジャーファクトリー

首都圏を中心にリサイクルショップを展開するトレジャーファクトリーは、サイト上のアルバイト募集ページに登録された個人情報が流出したことを明らかにした。

流出したのは、同社サイト上の「パート・アルバイト募集ページ」から応募した147人分の個人情報で、2月16日に判明した。同社によると、特定の操作により閲覧することが可能となっていたもので、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが含まれる。

同社によれば、今回の流出による二次被害も発生しておらず、同ページ以外について流出はなかったと説明している。同社では、対象となる応募者に対し、個別に連絡して説明と謝罪を行う。また問題となった個人情報をサーバから削除し、同ページを一時的に閉鎖。流出の原因究明を進めるという。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
研修申込者の個人情報をネット上に誤公開 - 埼玉県
業務用ノートPCを帰宅途中に紛失 - 加賀電子
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区