Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざんサイトへ挿入される不正スクリプト上位に - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、1月25日から2月3日にかけて国内外で発見や感染の報告を受けたウイルスについて取りまとめた。

今回の調査では、国内外いずれも「POSSIBLE_MLWR-13」がトップ。同ウイルスは、「TROJ_AGENT」や「WORM_RBOT」「TROJ_MANCSYN」の亜種と見られるウイルス。2位には「MAL_OTORUN2」が続いた。

国内では、正規サイトへ埋め込まれるスクリプトの猛威が続いており、前回2位の「JS_ONLOAD.SMF」が3位に入った。「JS_GUMBLAR」の亜種で、不正サイトへ誘導させる「iFrame」を読み込むスクリプト「JS_GUMBLAR.SMT」は4位だった。

6位には2009年12月に発見され、「TROJ_BREDLAB.SMP」が今回初登場となっている。同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年1月25日から2010年1月31日まで)

1位:POSSIBLE_MLWR-13
2位:MAL_OTORUN2
3位:JS_ONLOAD.SMF
4位:JS_GUMBLAR.SMT
5位:WORM_DOWNAD.AD
6位:TROJ_BREDLAB.SMP
7位:TSPY_KATES.SMM
7位:MAL_KRAP
9位:MAL_OTORUN
9位:SUNSET.1077
9位:WORM_TATERF.CS

全世界のウイルス感染および発見報告数(2010年1月28日から2010年2月3日まで)

1位:POSSIBLE_MLWR-13
2位:MAL_OTORUN2
3位:CRYP_MANGLED
4位:MAL_OTORUN1
5位:TROJ_GEN.4X2751
6位:MAL_NAIX-7
7位:CRYP_KRAP
8位:MAL_VUNDO-19
9位:CRYP_FAKEAV-17
10位:BKDR_TDSS.SM

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件