Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、国内外拠点活かした改ざん検知サービス - FFRの「Origma+」を採用

NRIセキュアテクノロジーズは、ウェブサイトへ感染するマルウェアを検知するサービスをあらたに開始した。

同サービスは、ウェブサイトを定期的に巡回し、マルウェアの配布などが行われていないかチェックするもの。検知状況を国内外の同社拠点でフルタイムで監視し、検知時は分析結果などを管理者へ報告する。

巡回監視には、同社が開発した制御プログラムとフォティーンフォティ技術研究所のソフトウェア「Origma+」を採用。監視状況については、分析結果を月次レポートとして提供する。

月額料金は38万6400円/サーバ。検知時のオプション「セキュリティ事故対応支援サービス」も別途用意している。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード