Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、国内外拠点活かした改ざん検知サービス - FFRの「Origma+」を採用

NRIセキュアテクノロジーズは、ウェブサイトへ感染するマルウェアを検知するサービスをあらたに開始した。

同サービスは、ウェブサイトを定期的に巡回し、マルウェアの配布などが行われていないかチェックするもの。検知状況を国内外の同社拠点でフルタイムで監視し、検知時は分析結果などを管理者へ報告する。

巡回監視には、同社が開発した制御プログラムとフォティーンフォティ技術研究所のソフトウェア「Origma+」を採用。監視状況については、分析結果を月次レポートとして提供する。

月額料金は38万6400円/サーバ。検知時のオプション「セキュリティ事故対応支援サービス」も別途用意している。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド