Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linux向けゲートウェイ型ウイルス対策製品をバージョンアップ - エフセキュア

エフセキュアは、Linuxプラットフォーム向けウイルス対策製品「エフセキュアLinuxゲートウェイ Ver.4.00」を発売した。

同製品は、ゲートウェイとして動作し、メールの送受信やウェブの閲覧、FTPなどを通じて侵入するウイルスを駆除できるセキュリティ対策製品。最新版ではスキャンエンジンを改善し、ウイルスやスパムの検知率の向上を目指した。

またメモリの使用量の軽減やスループットの向上など実現。管理画面を見直すことでユーザビリティを改善し、遠隔操作やアラート機能などの設定が容易になった。

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス