Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトの検知数は減少するもサイト改ざんは高水準 - セキュアブレイン調べ

セキュアブレインは、同社が提供する不正サイト検知サービスを通じて研究機関が把握した不正サイトの状況について取りまとめた。

同社が11月に「危険」と診断したサイトは3322件で、前月の3621件から減少した。ジャンル別を見ると「不正攻撃サイト」44件から56件へ増加したものの、それ以外のジャンルはすべて減少した。ジャンル別にみると、フィッシング詐欺が1627件でもっとも多く、ワンクリック不正請求が778件で続いている。

091222sb1.jpg
各月の検知推移

前回調査の10月は、「Gumblar」亜種の拡散で不正改ざんサイトが389件から885件へと大きく増加したが、11月は減少に転じた。しかしながら、756件と9月以前の水準を大きく上回っている状況は変わっていない。

また11月の特徴として、10月は検知時期が集中していたが、11月は長い期間にわたり検知されていたという。改ざんの被害に遭ったサイトの傾向としては、個人サイトが46.6%、企業が41.7%で続いている。約7.5%において複数回の改ざんが発生した。

091222sb2.jpg
改ざんサイトの検知数推移

(Security NEXT - 2009/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少