Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Secward Technologiesの日本法人が発足

米Secward Technologiesは、同社日本法人「Secwardジャパン」を設立した。

同社の主力製品は、ファイル暗号化製品「TotalFileGurad」。シーピーアイ・リバティー・算法が同製品の総代理店として展開してきたが、今回国内法人をあらたに設立し、情報漏洩対策市場への拡販に注力する。代表取締役社長は、ソフネックスの代表取締役社長でもある倉品一誉氏が就任した。

今後同社では、日本法人をアジア地域における拠点と位置づけ、活動を進めていくという。

(Security NEXT - 2009/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS