Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正改ざんサイト」が前月の2倍以上に - セキュアブレイン調べ

セキュアブレインは、10月に同社研究機関が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。「Gumblar」による改ざんサイトが急増している。

同社調査によれば、危険とされるウェブサイトは半年にわたって増加傾向が続いており、10月は前月の3067件から大きく上昇して3621件に達した。

091118sb1.jpg
セキュアブレインによる不正サイトの検知推移

脅威別に見ると、前月から約2割増加した「フィッシング詐欺」が1655件でトップ。次に前回調査の389件から885件と2倍以上に膨らんだ「不正改ざんサイト」が続いている。ワンクリック詐欺は前回の1100件から817件へと減少傾向を見せた。

091118sb2.jpg
脅威別にみると「不正改ざんサイト」の増加が際立っている

今回「不正改ざんサイト」が急拡大した原因は、10月に登場した「Gumblar」亜種の増加によるもの。同ウイルスは、別名「JSRedir-R」や「GENOウイルス」としても知られており、感染したPCから「FTP」のアカウントを盗み出して感染を拡大するが、10月に登場した亜種はあらたな攻撃手法を用いている。

(Security NEXT - 2009/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少