Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を不正に取得し知人に漏洩した職員を懲戒処分 - 横浜市

横浜市は、不正に職場で入手した個人情報を知人に漏洩したとして、行政運営調整局の職員に対し懲戒処分を行った。

同市によると、職員は中区総務部税務課に勤務していた2007年5月から2008年2月の間、職場の税務端末機で業務と無関係の個人情報を検索、知人へ提供していたという。7月6日に同知人からの通報を受けて職員への事情聴取を行った結果、個人情報の不正取得が発覚した。

同市では、同職員に対し11月4日付で減給10分の1、1カ月の懲戒処分を実施。また管理監督者である上司2人を処分した。

(Security NEXT - 2009/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県税関連情報を第三者へ漏洩、電話照会への対応で - 長野県
住民システムを不正閲覧、情報漏洩した職員を処分 - 平塚市
一部カルテが所在不明に、病棟建替時の移設作業で - 山口赤十字病院
生徒情報漏洩でいじめが発生 - 宮城県教委が教員を処分
職員間トラブルで同僚住民票をシステムより不正取得 - 柴田町
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市