Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約1万2000件含む伝票綴りが所在不明に、正確な件数は把握できず - 西京銀行

西京銀行において、顧客情報約1万2000件が記載された伝票綴りが所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、同行山口支店が保管していた2006年9月分および2008年5月分の伝票綴り。推定約1万2000人分の氏名、住所、口座番号、取引金額などが含まれるが、顧客の特定や正確な件数の把握は困難だという。

過去の取引確認のため伝票を調査していたところ9月3日に判明した。不正利用の報告なども確認されておらず、同行では不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出したおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管