Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自のブラックリストでマルウェア配布サイトへの接続をブロック - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ウェブアクセス時のセキュリティ対策機能を提供する「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」に、「マルウェア防御オプション」を追加した。

同サービスは、同社データセンターに設置したゲートウェイサーバにより、ウイルス対策やフィルタリング、ログ機能などウェブ経由の脅威へ対応する統合サービス。

今回追加した「マルウェア防御オプション」では、ウェブアクセス時のURLをブラックリストと照らし合わせ、マルウェアの配布サイトなどへの接続を遮断するもの。同社のマルウェア活動観測プロジェクトで独自に解析、収集しているリストを活用した。

サービス開始当初は、無償の試験サービスとして展開し、2009年度内を目処に正式サービスへ移行する予定。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU