Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃がわずか4カ月で約25倍に - IPA調査

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトを狙った攻撃が6月以降急増しているとして、脆弱性検査や必要に応じて対策を講じるよう注意を呼びかけている。

同機構が運営するウェブサイト「JVN iPedia」に対する攻撃の形跡についてログの調査を実施したところ判明したもの。攻撃が成功したケースはなかったが、4カ月で1944件の攻撃の形跡が見つかったという。4月の段階で検知された攻撃は141件だったが、その後急増して7月は974件まで増加した。

なかでもきわだって増加がいたのが「SQLインジェクション攻撃」で、4月の段階では21件だったが、7月には534件とわずか4カ月で25倍まで膨れあがった。またディレクトリトラバーサル攻撃についても、4月の100件から7月には364件まで増加するなど目立っている。

同機構では、従来よりSQLインジェクションをはじめ、主要な不正アクセスの形跡をログから簡易的に調査できるツール「iLogScanner」を提供している。今回の調査も同ツールを活用したもので、ウェブサイトに対する攻撃の検査などを実施して、対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件