Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

rootユーザーのアクセス制御製品や統合ログ管理製品を発売 - ノベル

ノベルは、特権ユーザーを管理するセキュリティ製品「Novell Privileged User Manager 2.2」と、同社製品を対象とした統合ログ管理製品「Novell Identity Audit 1.0」を発売した。

「Novell Privileged User Manager 2.2」は、システムにおいて特権ユーザーのアクセス制御や監査を実現するセキュリティソリューション。UNIXやLinuxサーバの運用管理者が、root権限でログインして作業する際の管理を細かく行える。

rootのパスワードを特権ユーザー全員に知らせず、管理者ごとに特権アクセスを委任することで、必要以上の権限を与えず役割に応じた特権作業のみ適切に割り当てることが可能。

また、特権ユーザーの作業履歴を追跡する「イベントログ追跡機能」や、ハイリスクな操作を記録してその情報を誰が監査したか追跡できる機能も搭載している。

一方「Novell Identity Audit」は、同社のセキュリティ製品群「Novell Identity and Solutions」のイベントログを一括管理できるソリューション。ディレクトリサービス「Novell eDirectory」、ID管理製品「Novell Identity Manager」、アクセス管理製品「Novell Access Manager」などを対象に、IDの登録および変更、連携、アクセス履歴といったイベントログの検索やレポートを実現する。

(Security NEXT - 2009/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から