Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報添付した職員間のメールを誤ってメーリングリストへ - 神奈川県

神奈川県において、予防接種の結果に関連する個人情報が記載されたファイルを、誤って他業務で利用するメーリングリストに送付する事故が発生した。

7月17日14時過ぎ、同県健福祉部健康増進課の職員が、予防接種後に副反応があったと報告を受けた関係者のリストを他職員へメールで送ろうとしたところ、誤って関係ない別の業務で利用するメーリングリストへ配信してしまったという。リストには氏名や年齢、報告を受けた市町村など個人情報20件が含まれていた。

メーリングリストには、同県職員以外に50人が登録しており、同県ではデータの削除を依頼し、実施されたか確認作業を行っている。またメーリングリストに配信されたメールが、受信者のみ閲覧できる掲示板へ掲載されたため削除した。

同県では個人情報がリストに記載されていた関係者に対して事情を説明し、謝罪する。また個人情報の取り扱いに関するルールやファイルのパスワード設定など徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2009/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メーリングリストの返信設定に誤り、返信メールが流出 - 秋田労働局
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
システム不具合と操作ミスで個人情報をMLへ誤配信 - 北情大
内部メール誤送信で登録スタッフの口座情報が漏洩 - 大阪産業創造館
GMOメディアのMLサービスで不具合 - 他人のリストが閲覧可能に