Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2年以上、スペル異なるメアドをMLに誤登録 - 鹿児島大

鹿児島大学は、メーリングリストへ登録するメールアドレスを誤り、2年以上にわたり個人情報を含むメールを第三者へ誤送信していたことを明らかにした。

同大によれば、研究室で使用しているメーリングリスト3件において、Gmailのメールアドレスにおいてドメインのスペルを誤り、無関係である第三者のメールアドレスを登録していたもの。2022年11月に他組織で同様の問題が明らかとなり、自組織の状況を調べたところ判明したという。

誤登録により2020年6月26日から2022年11月24日にかけて送信されたメール702件において個人情報が流出したおそれがあり、学内教職員270人、学内学生382人、学外関係者177人の氏名、メールアドレスなどが含まれる。

2022年11月24日に問題のメールアドレスを修正。翌25日に誤登録に使用されたドメイン宛ての送信を遮断する設定を行った。同大では対象となる関係者に、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区