Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループで利用するクラウドサービスに不正アクセス - エーザイ

製薬大手のエーザイは、同社グループで利用しているパブリッククラウドサービスにおいて不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、4月28日に海外グループ会社従業員のアカウントを不正に用いて、同社グループで利用するクラウドサービスに対する不正アクセスが行われたという。

不正アクセスの影響により、同社や関連会社であるEAファーマ、カン研究所、サンプラネットの一部取引先関係者の個人情報が外部に流出した可能性がある。

対象となるのは、2018年5月から2023年4月に同社および関係会社が管理するクラウドサービス上において、業務のためプロジェクトへ招待されたり、アクセス権限の付与、メーリングリストへの登録、ID管理システムへの登録などが行われた取引先関係者約1万1000件の個人情報。氏名とメールアドレスが含まれる。

問題の発覚を受け、同社グループでは外部からのアクセスを遮断するとともに、被害の状況や原因について調査を進めている。対象となる関係者に対しては、5月19日に経緯を報告し、謝罪するメールを送信した。

(Security NEXT - 2023/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン