Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤送信で登録者のアドレスを流出 - 岐阜県

岐阜県は、労働雇用課においてメールマガジンの誤配信が発生し、読者83人のアドレスが表示された状態で送られたと発表した。

誤送信が発生したのは、労働雇用課が発行しているメールマガジン「ふれあいGIFUろうどう」。6月26日17時過ぎに配信を行った際、読者登録している181人のうち83人分のメールアドレスが表示された状態で送られたという。同県では対象者に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
メルマガをCCで送信するミス - 山梨県の建設会社
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省