Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス配布サイトのブロック機能を追加した「Internet SagiWall」最新版

セキュアブレインは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「Internet SagiWall 2.0」を提供開始した。

同製品は、ワンクリック詐欺サイトやフィッシング詐欺サイトなど、ユーザーに被害をもたらす危険性が高いウェブサイトを検知して、自動的にブロックするセキュリティ対策ソフト。

ヒューリスティック検知エンジンを搭載しており、サイトのコンテンツやリンク、スクリプト、プログラムなど複数の要素を分析して判断するため、未知の危険サイトにも対応する。

今回発売される最新版では、ウイルスや偽セキュリティソフトをダウンロードさせるサイトをブロックする新機能が追加。ウイルス感染を引き起こす不正なスクリプトを検知し、ダウンロードする前に接続を遮断し、感染を防ぐ。

価格は初年度2980円。1年ごとの更新料が別途必要。

(Security NEXT - 2009/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT