Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

依然2サイトが「Pマーク」を不正表示 - JIPDECが注意喚起

日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、5月末にプライバシーマークの不正利用について注意喚起を行っているが、依然として一部サイトが掲載を続けているという。

同協会では、26日に不正利用している4サイトを確認しているが、6月18日の時点で2サイトが引き続き不正に掲載を続けており、監視や削除勧告を行っているという。

プライバシーマークを利用するには、同協会と契約を締結する必要がある。同協会ではプライバシーマークの付与事業者を案内しており、不正利用している事業者を見つけたら同協会まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加