Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、楽天証券やマネックス証券を処分 - システム障害で

東京証券取引所は、違反行為があったとして楽天証券やマネックス証券に対して処分を行った。

東証では両社について、ネット専業証券会社として安定したシステムの整備が求められるものの、管理体制が不十分だったとし、過怠金300万円の処分を行い、あわせて両社に対して業務改善報告書の提出を求めた。

マネックス証券では、2006年に業務改善命令を受けているが改善策の実施に問題があり障害が発生。一方楽天証券において、2008年11月や2009年1月、長時間にわたる受注停止や遅延が発生。金融庁では、証券取引等監視委員会の勧告を受け両社に対して業務停止命令を出している。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向