Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内サイトの改ざんは400件以上、「go.jp」にも - セキュアブレイン調査

ウェブサイトの改ざんが多発している。セキュアブレインが今週9日に実施した調査では、改ざんにより不正なJavaScriptが埋め込まれたサイトは400件以上にのぼっている。

4月前半くらいから閲覧者へウイルスを感染させることを目的としたウェブサイトの改ざんが多発。4月後半には、感染者からFTPアカウントを盗み出し、さらに感染者が管理するウェブサイトを改ざんするなど、より巧妙な攻撃を亜種が発生し、被害が拡大している。

こうしたウイルスについて一部では「GENOウイルス」などと呼ばれているが、今回同社では亜種も含め、改ざん被害に遭っているウェブサイトについて調べた。同社によれば、6月9日に実施した数時間の調査で、不正なJavaScriptを埋め込まれた国内サイトを400件以上観測したという。

約45%は国内企業が利用する「co.jp」ドメインで、個人が約50%だった。また具体的な感染サイトについては明らかにされていないものの、政府関係の「go.jp」や学校の「ac.jp」でも確認されたという。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪