Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民健康保険関連書類の誤送付が発生 - 大阪市

大阪市西成区役所において、2人分の「国民健康保険料充当通知書」や「国民健康保険料納付書」を取り違えて送付する事故が発生した。

誤って送付された書類には、国民健康保険被保険者の氏名、住所、被保険者証番号などが記載されていた。6月4日、2009年度分の「国民健康保険料決定通知書」に同封して発送した際、2人分の充当通知書と納付書を入れまちがえたという。

6月8日、本人の家族から指摘があり1件の誤送付が判明。説明と謝罪を行って書類を回収した。残り1件は電話で説明と謝罪をし、郵送による書類の返却を依頼している。

(Security NEXT - 2009/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町