Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定業界向けの検索機能を搭載「P-Pointer」の新シリーズ - PCI DSS対策製品も

KLabは、医療や教育機関、PCI DSSなど特定の業界に特化した検索機能を含む個人情報検出ツール「P-Pointer」の新シリーズ5種を発売した。

同製品は、クライアントPCやサーバ内を検索して個人情報や機密情報が含まれるファイルをリストアップし、保存先フォルダや件数をレポートするソフトウェア。組織内に散在する個人情報を管理者が把握することが可能。

新シリーズでは、汎用的な個人情報検出用の辞書にくわえ、特定の業界内において機密情報として扱われるキーワードをまとめた辞書を搭載し、検出能力の向上を図った。

病名や検査結果、症状といったデータをカバーした医療系向けの「P-Pointer for Medical」やクレジットカード番号のパターンを検出できるPCI DSS対応向け「P-Pointer for Credit Card」をはじめ、学校向けの「P-Pointer for School」、官庁、自治体向けの「P-Pointer for Government」、警察向けの「P-Pointer for Police」の5製品を用意している。

(Security NEXT - 2009/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も