Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正行動で認証を追加する「RSA Adaptive Authentication」が携帯へ対応

RSAセキュリティは、6月17日より認証ソリューション「RSA Adaptive Authentication」の機能を強化する。

同製品は、インターネット利用時の本人認証機能を強化するソリューション。ログイン時におけるユーザーの行動からリスクを分析し、不正アクセスの可能性がある場合はさらに認証を追加できる。今回の機能強化では、決済の利用が拡大する携帯電話やスマートフォンに対応した。

モバイル端末では移動にともなうIPアドレスの変化や、ブラウザにおける制約など特有の問題を抱えているが、モバイル機器特有の情報をもとにしてリスク判定を行う機能を搭載。リスクのスコア化を実現し、PC同様のリスク判定が可能となったという。

(Security NEXT - 2009/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化