Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」の一部環境にXSSの脆弱性

シックス・アパートのCMS製品「Movable Type」において、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が明らかになった。

今回明らかとなった脆弱性は、「Movable Type 4.24 」において、グローバルテンプレートが初期化されていない場合、アプリケーション上の入力項目の一部が適切に入力エスケープ処理されないことからクロスサイトスクリプティングの脆弱性が生じるもの。Enterprise版やオープンソース版などのほか、同バージョンから「Movable Type 4.25」へアップデートした環境でも影響を受けるという。

シックス・アパートでは、脆弱性を解消した「Movable Type 4.25」の提供をすでに開始しており、アップデートや、一部製品については同プログラム適用後のグローバルテンプレートの初期化など対策を強く推奨している。

Movable Type 4.24 でのセキュリティ上の問題について
http://www.movabletype.jp/blog/security-info_mt424.html

シックス・アパート
http://www.sixapart.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性