Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の不具合を解消した「KAV4LMS」を公開 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、複数の不具合を修正した「Kaspersky Anti-Virus for Linux Mail Server 5.6 MP1 CF1(ビルド5.6.39.2)」を公開した。

同製品は、ウイルス対策機能とコンテンツフィルタリング機能を備えたメール向けセキュリティ対策製品。送受信されるメールトラフィックについてスキャンすることができる。

今回公開された最新版では、FTPの接続速度が遅い状態で使用している際にクラッシュするエラーを修正したほか、qmail使用時にヘッダー末尾が破損する問題やWebminから設定が正しく保存できないなど、複数の不具合を修正した。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2009/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ
PayPal、一部アカウントで誤って出金処理 - 不正アクセスは否定
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報