Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内改ざんサイトに埋め込まれた「JS_AGENT.AOIP」が週間2位に - トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロは、1週間における国内の感染や発見報告数や、ウイルストラッキングセンターで観測した全世界のウイルス検知状況をを取りまとめた。

国内のウイルス感染状況は、「MAL_OTORUN2」が引き続きトップだが、「WORM_DOWNAD.AD」が3位へ後退。2位には、国内の通販サイトや音楽レーベルをはじめ、改ざんにより正規ウェブサイトにも埋め込まれていたJavascript「JS_AGENT.AOIP」が初登場でランクインしている。

同社が同ウイルスの定義ファイルをリリースした4月8日以降、米国では1万9205件、日本においても1万2871件の感染が報告されるなど突出しており、1133件で3位だったオーストラリアを大きく差を付けた。特に7日から急激に増加。10日にピークを迎えた。ただし14日以降は落ち着きを見せている。

同社がまとめた国内外のトップ10は以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(4月6日から4月12日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:JS_AGENT.AOIP
3位:WORM_DOWNAD.AD
4位:MAL_OTORUN1
5位:TSPY_JOMLOON.J
6位:MAL_HIFRM
7位:TROJ_VUNDO.ANL
7位:SPYWARE_TRAK_QUICK
9位:MAL_VUNDO-9
9位:HTML_IFRAME.AJW

全世界のウイルス感染および発見報告数(4月10日から4月16日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:MAL_VUNDO-9
3位:POSSIBLE_VUNDO-9
4位:MAL_OTORUN1
5位:MAL_VUNDO-6
6位:MAL_VUNDO-8
7位:CRYP_MANGLED
8位:CRYP_TAP-6
9位:MAL_VUNDO-5
10位:TROJ_GETCODEC.CA

(Security NEXT - 2009/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など