Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット対応TV向けのフィルタリングサービス - デジタルアーツ

デジタルアーツは、インターネット対応テレビ向けのウェブフィルタリングサービス「i-フィルター for TV」を4月25日より提供開始する。

同サービスは、インターネット対応テレビにおいて、有害サイトや出会い系サイトなどの表示を制限できるウェブフィルタリング機能を日立製作所のハイビジョンテレビ「Wooo 03シリーズ/UT800シリーズ」向けに提供するもの。

専用ポータルサイト「Wooonet」上の申し込み画面から利用者情報を入力し、ソフトを起動するだけでフィルタリングサービスが適用される。データベースには、家族での閲覧に不向きな成人向けサイトや暴力サイト、出会い系サイトなど2億6000千万のURLデータが含まれる。

ユーザー登録は、テレビだけではなくパソコンの登録画面からも行える。月額利用料は315円。

(Security NEXT - 2009/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加