Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中古PC通販サイト「GENO」が不正アクセスで改ざん

パソコンや周辺機器を販売するGENOの通信販売サイトが不正アクセスを受け、コンテンツが改ざんされていたことがわかった。同社では一時サービスを停止していたが、現在は再開している。

同社によれば、4月4日および7日に不正アクセスが発生し、ウェブサイトが改ざんされ、ウェブサイトへアクセスすると不正サイトへ接続される状態になったという。同社ではプログラムを修正。安全性の確認を実施したとして現在はサービスを再開している。

今回の改ざんでは、閲覧にともなうウイルス感染の可能性について、利用者などから掲示板やブログにおいて不安の声が挙がっている。

同社では、今回の改ざんにより、サーバへのウイルス感染や個人情報流出は確認されなかったと説明。また問題の期間にアクセスしたユーザーに対しては、対策としてブラウザのキャッシュを削除するようアナウンスを行っているが、閲覧にともなう具体的な影響に対しては言及しなかった。

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合