Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングの届け出状況、1月に続き2月も高い水準で推移

フィッシング対策協議会は、2月におけるフィッシング情報の届け出状況をとりまとめ、月次報告書を発表した。

フィッシングメールの届け出件数は31件で、前月より1件減少したものの、先月に続き過去1年の平均を上回った。フィッシングメールの件数は18件で前月の15件を上回り、過去1年の平均と比較すると2倍以上の水準となっている。

一方フィッシングサイトについても、6件だった1月から大幅に上昇して14件となり、2008年3月以来の大量発生となった。ブランド名を悪用された企業も5件から9件へと上昇した。

英文のフィッシングメールは、「Hang Seng Bank」の従業員を騙り、400万ドルが手に入るなどして個人情報を入力させようとする手口や、「PayPal」を偽装した攻撃が複数確認されたという。

一方日本語で記載されたフィッシング攻撃としては、「Yahoo!オークション」をかたるメールを送信し、会員情報を入力させるフィッシングサイトへ誘導するケースが再び報告されたほか、金融機関である「CITIBANK」や、エンターテインメントサイト「Livly Island」を偽装した攻撃が発生している。

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向