Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性放置サイトに関する届け出が増加 - IPAが対策呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトに関する古い脆弱性への届け出が増加していることから、運営者へ対策を呼びかけている。

IPAによれば、ウェブサーバ上で動作するプログラムについて、比較的前から修正プログラムが公開されているにもかかわらず、適用されていないのではないかとの利用者による疑念から、届け出が提出されるケースが、2008年第3四半期ごろより増加しているという。

090317ip.jpg
パッチ未適用サイトの届け出推移(IPA)

2004年に明らかになった「Namazu」のクロスサイトスクリプティングに関する脆弱性や、2005年に公表済みの「OpenSSL」におけるバージョンロールバックの届け出が、2009年3月16日の時点で272件に達した。

企業のウェブサイトが100件ともっとも多く、地方公共団体が74件で続いた。また教育関連機関の37件、団体32件、政府機関15件など、幅広いサイトで不備が見つかっているという。

不正アクセス被害が発生した原因のなかで、旧バージョンの利用やパッチの未適用は全体で2番目に多く、13%を占めているとIPAでは危険性を指摘。脆弱性の公表から攻撃までの時間も短縮されているとして、「JVN iPedia」などを活用した脆弱性情報の収集や迅速な対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
先週注目された記事(2024年3月24日〜2024年3月30日)
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
先週注目された記事(2024年3月3日〜2024年3月9日)
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
脆弱性の届出が大幅増 - ウェブサイト関連は前四半期比2.2倍に