Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パフォーマンス改善のため「ウイルスバスター2008」をアップデート

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2008」と「ウイルスバスター16」のプログラムアップデートを10日より開始した。

同社によれば、今回はパフォーマンスの改善するアップデートで、アップデート機能により自動的に更新される。アップグレードを実施した場合、再起動が必要となる場合がある。なお、月額版は対象外となっている。

(Security NEXT - 2009/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」