Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策状況の評価サービスを開始 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、情報システムにおけるセキュリティ対策状況について調査し、評価を行う新サービスを開始した。

今回提供を開始した「情報セキュリティ実装・運用評価サービス」は、情報セキュリティの有資格者による実地調査をはじめ、情報システムの管理者、運用者に対するヒアリングなどを実施し、組織内部における情報システムのセキュリティ対策状況について調査するサービス。

ネットワークやサーバの構成や設定、アカウントの管理状況など評価を行うほか、オプションでシステム運用を委託している外部業者やグループ企業の情報システムの評価を行うことも可能。

評価は、「JIS Q 27001」や「PCI DSS」といったフレームワークや実装基準にくわえ、同社が提供している脆弱性診断サービス、情報セキュリティ監査サービスなどを活かした独自の基準を用意した。

評価結果は、経営者向けの報告会用報告書と運用担当者向けの詳細報告書を用意し、報告会を実施する。また調査時に発見した課題については、顧客の状況を踏まえたうえで実現可能な具体的対策案を提示する。

(Security NEXT - 2009/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら