Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オペレーターが水道料金システムで別居家族の個人情報を不正入手 - 横浜市

横浜市水道局が「お客さまサービスセンター」の運営業務を委託している業者の再委託先従業員が、料金システムを不正に利用して個人情報を入手し、外部へ漏洩していたことがわかった。

同市によれば、サービスセンターのオペレーターが2008年2月ごろ、料金オンラインシステムを利用して別居している家族の住所を検索し、入手した個人情報を同居している家族に伝えていたという。

2月5日、同市がセンターの運営業務を委託しているNTT東日本神奈川支店の再委託先に、個人情報の漏洩を指摘する匿名のメールが届いた。これを受けて調査を行った結果、漏洩の事実が発覚したという。

同市では、オペレーターにおける個人情報保護の意識が不十分だったとし、受託事業者における個人情報管理の徹底や研修の実施など指導を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存