Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オペレーターが水道料金システムで別居家族の個人情報を不正入手 - 横浜市

横浜市水道局が「お客さまサービスセンター」の運営業務を委託している業者の再委託先従業員が、料金システムを不正に利用して個人情報を入手し、外部へ漏洩していたことがわかった。

同市によれば、サービスセンターのオペレーターが2008年2月ごろ、料金オンラインシステムを利用して別居している家族の住所を検索し、入手した個人情報を同居している家族に伝えていたという。

2月5日、同市がセンターの運営業務を委託しているNTT東日本神奈川支店の再委託先に、個人情報の漏洩を指摘する匿名のメールが届いた。これを受けて調査を行った結果、漏洩の事実が発覚したという。

同市では、オペレーターにおける個人情報保護の意識が不十分だったとし、受託事業者における個人情報管理の徹底や研修の実施など指導を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院
児童クラブ職員が個人情報含む書類を一時紛失 - 稲沢市
訪問看護ステーション宛のメールで誤送信 - 島根県
位置情報やチャットなど閲覧可能 - 「NauNau」の調査結果
個人情報含む生徒個人票を紛失 - 神奈川の中高一貫校
サーバより取引先や従業員の個人情報が流出 - 自動車部品メーカー
ランサム被害、ネットスーパー会員情報が流出した可能性 - 近商ストア
位置情報共有サービス「NauNau」で情報流出か - 事実関係を調査