Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで入札参加希望者のアドレスを流出 - 丸亀市

香川県丸亀市においてメールの送信ミスが発生し、同市が実施する公有財産売却の入札参加希望者76人のアドレスが流出した。

同市によれば、2月4日に公有財産売却の入札参加希望者へ手続き依頼のメールを送信した際、アドレスを誤って「宛先」欄に入力して送信。そのためすべての送信先アドレスが表示された状態で送られたという。

同メールは2回に分けて送信されたため、1回目は10人、2回目は66人のアドレスが流出。5日に受信者からの指摘があり、判明した。同市では関係者にメールで謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協