Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エキサイトブログが改ざん被害 - ウイルス感染被害は発生せず

エキサイトが運営するブログサービス「エキサイトブログ」が、改ざん被害に遭っていたことがわかった。閲覧者にウイルス感染などの影響はないという。

エキサイトブログのトップページにある「お知らせ欄」が、不正サイトへ誘導するよう改ざんされたもの。1月3日夕方の時点で改ざんされていたことが確認されており、4日20時30分に修正した。同社では改ざんされた時期や改ざんの原因について詳細を調べている。

同社広報によれば、同ページを表示した場合、ウイルス対策ソフトなどで警告表示される可能性があったが、不正なJavascriptファイルは削除されており、改ざんされたページを閲覧した場合でも、ウイルスへ感染することはないという。

同社では今回の改ざんについて、アクセス制限がかかるなど迷惑をかけたとして謝罪。「今後は再発防止に努め、安定したブログサービスを提供して参ります」とコメントしている。

(Security NEXT - 2009/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪