Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウイルスバスターにPC内のファイルが取得される脆弱性 - 修正プログラムが公開

トレンドマイクロは、企業向けウイルスバスターに脆弱性が見つかったとしてセキュリティ修正プログラムの提供を開始した。

脆弱性が見つかったのは、「ウイルスバスターコーポレートエディション7.x」「同8.x」や「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ3.x」「Trend Micro ビジネスセキュリティ5.x」。

同社によれば、一部プログラムのアップデートエージェントにおいて、リクエスト処理にディレクトリトラバーサルの脆弱性が存在し、クライアントPCから任意のファイルが取得されるおそれがあるという。

同社では「ウイルスバスター コーポレートエディション8.0」以外については、22日より修正プログラムの配布を開始。同製品についても11月12日よりプログラムを提供する予定。またリリースまでの回避策として、アップデートエージェント機能を無効にする方法を紹介している。

ウイルスバスター コーポレートエディションおよびウイルスバスター ビジネスセキュリティ用 Critical Patch 公開のお知らせ
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1155

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性