Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player 10」へ便乗するマルウェアがGoogle広告に - G DATAが確認

G DATA Softwareは、Googleの広告にマルウェアへのリンクが断続的に表示されたとして注意を呼びかけた。

同社によれば、今回確認されたのは最新版が公開された「Flash Player」に便乗する攻撃。ドイツのGoogleで「Flash Player」を検索すると、検索結果に正規サイトである「Adobe Flash Playerダウンロードセンター」へのリンクが表示されるものの、18日ごろから広告に不正サイトへのリンクが表示される状態になったという。

問題のサイトは、「www.flash-player-10.com」と名乗るサイトで、一見「Flash Player 10」がダウンロードできるように見せかけているものの、実際に配布されているのはマルウェア「Win32_Agent」。攻撃はドイツのGoogleで発生しており、日本向けのサービスでは見つかっていないという。

同社では、今後日本のユーザーをターゲットとした攻撃が発生する可能性があると警告。ソフトを利用する際に正規サイトより入手するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料