Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player 10」へ便乗するマルウェアがGoogle広告に - G DATAが確認

G DATA Softwareは、Googleの広告にマルウェアへのリンクが断続的に表示されたとして注意を呼びかけた。

同社によれば、今回確認されたのは最新版が公開された「Flash Player」に便乗する攻撃。ドイツのGoogleで「Flash Player」を検索すると、検索結果に正規サイトである「Adobe Flash Playerダウンロードセンター」へのリンクが表示されるものの、18日ごろから広告に不正サイトへのリンクが表示される状態になったという。

問題のサイトは、「www.flash-player-10.com」と名乗るサイトで、一見「Flash Player 10」がダウンロードできるように見せかけているものの、実際に配布されているのはマルウェア「Win32_Agent」。攻撃はドイツのGoogleで発生しており、日本向けのサービスでは見つかっていないという。

同社では、今後日本のユーザーをターゲットとした攻撃が発生する可能性があると警告。ソフトを利用する際に正規サイトより入手するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ