Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSOソリューションのラインナップを強化 - NTTソフトウェア

NTTソフトウェアは、SaaSやASPなど外部業務サービスと企業内部における認証を一元管理できる認証ソリューション「TrustBind/Federation Manager」のラインナップを強化し、10月1日より提供を開始する。

同製品は、SAML 2.0をサポートし、企業内のシステムや外部サービスとのシングルサインオンを実現する認証ソリューション。今回、標準的な機能に絞り、ライセンス価格を抑え、導入に必要とする期間が短い「Simple SP Edition」を用意。また携帯電話アプリケーションの認証が実現する「携帯ゲートウェイ機能」をラインナップに加えた。

さらに開発言語にPHPを追加。Javaに加え複数の開発環境に対応することで外部との相互認証へより柔軟に対応できるようになった。

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック